コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイイド・アフマド・ハーン Sayyid Aḥ‐mad Khān

世界大百科事典 第2版の解説

サイイド・アフマド・ハーン【Sayyid Aḥ‐mad Khān】

1817‐97
インドのムスリムの社会改革家。デリーのムガル貴族の血を引く名門の出であるが,その家柄はインド大反乱(セポイの反乱)以前にすでに没落していた。父の死後21歳のとき,周囲の反対を押し切って東インド会社の司法官吏となり,判事補にまで昇進したが1876年に退職。彼はイギリス支配を善意によるものとして受け入れ,ムスリムの間の反英抵抗の思想を否定,親英的態度を保ち,インド大反乱に際してもイギリス側に忠誠を表明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサイイド・アフマド・ハーンの言及

【ムスリム連盟】より

…19世紀末ごろから,インド国民会議派はイギリスに対して自治・代議制についての要求を高めたが,これに対して,ムスリム間にヒンドゥー優位との不安が高まり始めた。こうしたムスリムの不安を代弁していたのが,サイイド・アフマド・ハーンであった。1905年のベンガル分割令に対する反対運動の中でアリーガル大学を中心としてムスリム独自の政党設立が試みられた。…

※「サイイド・アフマド・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サイイド・アフマド・ハーンの関連キーワードアリーガル大学アリーガル運動ムスリム連盟イスラム文化アーザードハーリー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android