コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイイド・エジェル Sayyid Ajall

1件 の用語解説(サイイド・エジェルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サイイド・エジェル【Sayyid Ajall】

1211‐79
中国,元初の武将,行政官。本名シャムス・アッディーン(贍思丁),別名ウマル(烏馬児)といったが,預言者ムハンマドの子孫を示す称号,サイイドで呼ばれた。中央アジアブハラ出身でチンギス・ハーンの西征のときに服属し,以後世祖フビライまでの5代に仕えた。1273年(至元10),雲南行省平章政事となると,元以前は中国に属さなかった雲南の経営開発につとめ,雲南回民の基を開いた。【杉山 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サイイド・エジェルの関連キーワード議政官行政官行政官庁行政庁玉澗司政官医療行政官曽先之地方行政官地方行政官庁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone