コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイシン(細辛) サイシン

2件 の用語解説(サイシン(細辛)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイシン(細辛)
サイシン

「ウスバサイシン (薄葉細辛)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイシン(細辛)【サイシン】

ウスバサイシンとも。本州〜九州の山中の林内にはえるウマノスズクサ科多年草。葉は横走するやや太い根茎の先に2枚ずつつき,心臓形で幅5〜10cm。春,2枚の葉の間から1本の花柄を出し,赤みを帯びた花を1個つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

サイシン(細辛)の関連キーワードミズメ薄葉細辛菫細辛ウスバサイシンカンスゲヒガンザクラヤマシャクヤクヤマブキソウユウスゲレンゲツツジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone