サイトメガロウイルス肺炎の検査と診断(読み)さいとめがろういるすはいえんのけんさとしんだん

家庭医学館の解説

さいとめがろういるすはいえんのけんさとしんだん【サイトメガロウイルス肺炎の検査と診断】

 気管支肺胞洗浄(きかんしはいほうせんじょう)や肺生検(はいせいけん)という検査は患者さんの状態によっては、いつでもできるものではありません。そのため、免疫(めんえき)が低下している患者さんにサイトメガロウイルス肺炎に特徴的な症状がみられたら、この病気だろうと推定して治療を始めるのが実際的です。
 重症の場合には、気管支肺胞洗浄や肺生検に使う気管支鏡という特殊な内視鏡が使えないことも多いのです。
 そこで、血液中の白血球(はっけっきゅう)がサイトメガロウイルスをつかまえていることを利用して、それを培養したり、血液中にウイルスに特有の抗原(こうげん)があることを証明して診断にいたります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android