コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイパンの統治と陥落

1件 の用語解説(サイパンの統治と陥落の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サイパンの統治と陥落

日本は1914年、第1次大戦でサイパン島を占領。その後のベルサイユ条約で国際連盟の委任統治領とされた。事実上の日本の植民地となり、日本政府は南洋庁の支庁をサイパンにおいた。国策会社南洋興発が製糖業を担って日本からの移住が加速。南満州鉄道と合わせて、「北の満鉄、南の南興」と呼ばれた。41年の真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争は、42年のミッドウェー海戦を機に形勢が逆転。サイパン陥落で敗北は決定づけられた。45年の東京大空襲など本土爆撃では、サイパン島が拠点の一つになった。同島での日本軍の戦没者は約4万1千人から4万3千人。在留邦人は、当時いた約2万人のうち8千~1万数千人が亡くなったと推計され、現地住民は約4千人のうち約930人が犠牲になったとみられている。

(2014-07-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイパンの統治と陥落の関連キーワードサイパン島サイパン島の戦いマリアナ沖海戦テニアン島レンパン島サイパンマラソン白いパンサイパン熱帯植物園米自治領北マリアナ連邦サイパン・テニアン島の戦い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイパンの統治と陥落の関連情報