コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイパン・テニアン島の戦い

1件 の用語解説(サイパン・テニアン島の戦いの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サイパン・テニアン島の戦い

太平洋・北マリアナ諸島にある両島は第1次世界大戦後に日本の統治下になり、太平洋戦争末期には本土への最終防衛線である「絶対国防圏」の要となった。米軍は1944年6月15日、サイパンに侵攻。日本軍は民間人も動員して迎え撃ったが玉砕し、計約5万5千人が死亡、米軍も約3500人が戦死した。テニアンへの侵攻は7月24日。日本側は軍民計約1万人が死亡、米軍は約400人が戦死した。

(2013-08-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone