コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイマー湖群 サイマーこぐんSaimaa

1件 の用語解説(サイマー湖群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイマー湖群
サイマーこぐん
Saimaa

フィンランド南東部,ロシア国境付近に広がる大湖沼群。ミッケリ,キュミ両県にまたがり,約 120の湖沼が無数の島を含んで連続結合する。面積 4400km2。最大の東端サイマー湖 (800km2) からブオクシ川でラドガ湖 (ロシア) ,サイマー運河でフィンランド湾結ばれる。沿岸にはクオピオ,ユベスキュレ,ヨエンスーなどの都市がある。多数の小運河が走り,木材産業に大きな役割を果す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone