コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイード・パシャ Sa‘īd Pasha

1件 の用語解説(サイード・パシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サイード・パシャ【Sa‘īd Pasha】

1822‐63
ムハンマド・アリー朝の第4代エジプト総督。在任1854‐63年。その治世は,ムハンマド・アリーの国内産業独占体制の崩壊と自由主義経済体制への移行の時期にあたり,土地・税制度改革など,もろもろの行政改革を実施,この移行に伴う法制的整備を行う。また,鉄道敷設,スエズ運河開削計画,外債発行による外資の導入など,次のイスマーイール・パシャ時代に展開をみる一連のエジプト近代化政策の先駆となる諸政策を実施した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のサイード・パシャの言及

【ムハンマド・アリー朝】より

… 1840年のロンドン四ヵ国条約締結は,ムハンマド・アリー一族によるエジプト総督の世襲化の道を開いたが,このことは同時に,ムハンマド・アリーによる国内産業独占政策の放棄と,西欧資本主義に対するエジプト国内市場の開放をも意味した。以後,サイード・パシャイスマーイール・パシャの統治下にあって,スエズ運河開設に象徴される一連の近代化政策が実施され,その間,エジプト財政の外資依存と綿作モノカルチャー農業構造の進展によって,エジプト経済の対西欧従属過程が進んだ。76年におけるエジプト財政の破産に端を発した一連の政情不安の中で,近代エジプト最初の民族主義運動であるアラービー運動(1879‐82)が発生したが,イギリス軍によって鎮圧され,以後エジプトはイギリスの軍事支配下に置かれ,エジプト経済の対西欧,とりわけ対英従属化は強化された。…

※「サイード・パシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サイード・パシャの関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone