コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウサンプトン(伯) サウサンプトン[はく]Southampton, Henry Wriothesley, 3rd Earl of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウサンプトン(伯)
サウサンプトン[はく]
Southampton, Henry Wriothesley, 3rd Earl of

[生]1573.10.6. サセックス,カウドレー
[没]1624.11.10. ベルゲンオプゾーム
イギリスの女王エリザベス1世時代の廷臣。 1590年宮廷に入る。2代エセックス (伯) の友人で,96年と 97年の同伯のカディス遠征,アゾレス遠征にも参加。 99年女官エリザベス・バーノンとひそかに結婚して女王の怒りを買い,同年エセックス伯のアイルランド遠征に従軍。 1601年同伯の反乱に加担して反逆罪に問われ,投獄されたが,03年ジェームズ1世の即位後釈放され,伯爵位を許された。以後バージニア会社,イギリス東インド会社などに関係し,19年枢密顧問官。ネーデルラントで戦病死。シェークスピアの友人兼パトロンで,『ビーナスとアドニス』の詩を捧げられた。『ソネット集』のなかの謎の人物「貴公子」とも推定されている。

サウサンプトン(伯)
サウサンプトン[はく]
Southampton, Thomas Wriothesley, 1st Earl of

[生]1505.12.21. ロンドン
[没]1550.7.30. ロンドン
イギリスの政治家。熱心なカトリック教徒で,1544年大法官に就任。 47年国王エドワード6世の摂政会議の一員に任命されたが,独断で4人の大法官代行を定めたため非難され,解任。翌年枢密顧問官。サマセット公失脚をはかるノーサンバーランド公の陰謀に加担したが,その後の処遇に失望して引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サウサンプトン(伯)の関連キーワードシェークスピア(年譜)