サウス・ジョージア島(読み)さうすじょーじあとう(英語表記)South Georgia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウス・ジョージア島
さうすじょーじあとう
South Georgia

南大西洋南西部の南緯54度15分、西経36度45分にある山がちの島。長さ約200キロメートル、幅約40キロメートル。氷河に覆われたペジット山Mount Paget(2900メートル)が最高点。気候は寒冷多湿で、曇天の日が多い。海岸には植物がみられ、アザラシや鳥類もすむ。17世紀末から航海者が視認しており、1775年にジェームズ・クックが探査し、イギリス国王ジョージ3世の名にちなんで命名した。1904年からの捕鯨基地グレトビッケンは、一時日本も操業したが、65年に廃止された。イギリス南極局の観測基地が置かれている。政治的にはイギリス領フォークランド諸島(アルゼンチン名マルビナス諸島)に属するが、アルゼンチンも領土権を主張しており、82年3月には、フォークランド紛争に伴ってアルゼンチンが占領するという事件があった。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android