コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウス・シェトランド[諸島] South Shetland Islands

1件 の用語解説(サウス・シェトランド[諸島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サウス・シェトランド[諸島]【South Shetland Islands】

南極,南極半島北方沖にあるイギリス領の火山性列島。面積約4700km2。ブランスフィールド海峡とドレーク海峡の間,南緯62゜,西経60゜付近に位置し,キングジョージ島,リビングストン島を中心に11の島々が東西に広がる。年中氷雪におおわれるので無人であるが,1906‐31年には捕鯨とアザラシ猟の基地となった。またディセプション島には観測基地が建設されたが,火山爆発のため67年に放棄された。1819年イギリス商船船長W.スミスが発見,1962年までフォークランド諸島に付属し,現在はイギリス領南極地方を構成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サウス・シェトランド[諸島]の関連キーワードウェッデル海南極海南極環流南極区南極半島南極星磁南極南極亜区南極交響曲ウエッデル海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone