サウル(読み)さうる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウル(古代イスラエルの初代の王)
さうる
'lヘブライ語
Saul英語

古代イスラエルの初代の王(在位前1020~前1010)。イスラエル諸部族の一つベニヤミンの出身。サウル以前のイスラエルは、政治的統一を欠いた部族連合であり、対外的脅威が起こったときにだけカリスマ的な軍事指導者がこれを統率した。長身の美男子で勇気に富むサウルは、イスラエルの民が王を待望したときに、預言者サムエルによってみいだされ、「王万歳」という民の歓呼を得て王となった。サウルの軍は、ペリシテ人に比べ武器のうえで劣勢であったため、勇気が重んじられた。ダビデもそういう部下の一人である。ダビデの冷静・沈着な行動に比べ、サウルには直情的な性格があり、人気をねたんで執拗(しつよう)にダビデ殺害を図る。のちペリシテ人との戦いに敗れて、ギルボア山中で自害する。このとき、ダビデはその死を悼んだ(「サムエル記」上・9~31章、下・1章)。[市川 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サウルの関連情報