コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカハチチョウ(逆八蝶) サカハチチョウ Araschnia burejana

1件 の用語解説(サカハチチョウ(逆八蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サカハチチョウ【サカハチチョウ(逆八蝶) Araschnia burejana】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。東アジアの特産。日本全国に産しやや山地性。小型で開張は4~4.5cm,雌は雄よりやや大きく,翅も丸みを帯びる。年2回,暖地では3回の発生。タテハチョウ科には珍しくさなぎで越冬する。春型は翅に赤褐色の部分が発達し,ヒョウモン類,ヒョウモンモドキ類に似た印象を与えるが,夏型は黒褐色の地に太い白帯が走り,イチモンジチョウ的で別種の観がある。和名は夏型の白帯が漢字の八の逆のように見えることに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サカハチチョウ(逆八蝶)の関連キーワード孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶蛇の目蝶豹紋蝶石崖蝶小緋威小紫蝶蛺蝶擬蛺蝶

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone