サカハチチョウ(逆八蝶)(読み)サカハチチョウ(英語表記)Araschnia burejana

世界大百科事典 第2版の解説

サカハチチョウ【サカハチチョウ(逆八蝶) Araschnia burejana】

目タテハチョウ科の昆虫。東アジアの特産。日本全国に産しやや山地性。小型で開張は4~4.5cm,よりやや大きく,翅も丸みを帯びる。年2回,暖地では3回の発生。タテハチョウ科には珍しくさなぎで越冬する。春型は翅に赤褐色の部分が発達し,ヒョウモン類,ヒョウモンモドキ類に似た印象を与えるが,夏型は黒褐色の地に太い白帯が走り,イチモンジチョウ的で別種の観がある。和名は夏型の白帯が漢字の八の逆のように見えることに由来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android