サカラヴァ岩(読み)サカラヴァがん(英語表記)sakalavite

岩石学辞典の解説

サカラヴァ岩

ガラス質石英玄武岩.石英ノーライト(quartz-norite)に相当する組成の玄武岩で,モード値とノルム値のいずれにも石英を含み,主要なマフィック鉱物斜方輝石である[Lacroix : 1923, 1923].玄武岩と粗面ドレライト(trachydolerite)の中間に位置する岩石[Loewinson-Lessing : 1924].マダガスカル,サカラヴァ(Sakalava)地方のポート・ベルゲ(Port Berge)に産する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android