サクラエビ(桜蝦)(読み)サクラエビ(英語表記)Sergia lucens

世界大百科事典 第2版の解説

サクラエビ【サクラエビ(桜蝦) Sergia lucens】

甲殻綱サクラエビ科に属する小型のエビで,生食のほか各種の加工品として利用される(イラスト)。体長4~5cm。甲は薄く,散在する多数色素胞のために桜色に見える。また,腹面体側に多数の発光器がある。額角は三角形で短く,上縁に1本のとげがある。第2触角が著しく長く,基部から5cmほどはやや太くて斜め前方を向く。それより先は細くて後方にのび,各節ごとに下側に1対の軟らかい毛があり羽毛状に見える。水深400~600mの中層を群れをなしてゆっくり泳いでいるが,第2触角の長い鞭がバランスをとるのに役だっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android