コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクラサイト商法 さくらさいとしょうほう

1件 の用語解説(サクラサイト商法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

サクラサイト商法

異性や芸能人などになりすました「サクラ」を使って違法サイトに登録させ金銭を騙し取る詐欺行為のこと。かつては出会い系サイトに男性を誘導し高額な料金を搾取するといった手法が多かったが、2010年頃になると、「著名人に会いたい」「相談に乗ってあげたい」「内職をしたい」「運気を上げたい」といった興味や好奇心などに付け込み、サイトを通じて課金メールを利用させるなど、手口が多様化し被害が拡大している。特に女性の被害者が増えており、国民生活センターの発表では、11年度の被害の訴えは年間2万6000件以上、被害金額は約110億円。

(2013-8-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラサイト商法の関連キーワード芸能人クリスマスカード芸能人・藝能人澄まし屋ファンレター澄まし汁清まし女成済ましとりすました被告

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サクラサイト商法の関連情報