コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクラタデ(桜蓼) サクラタデPersicaria conspicua(Polygonum conspicuum)

1件 の用語解説(サクラタデ(桜蓼)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクラタデ(桜蓼)
サクラタデ
Persicaria conspicua(Polygonum conspicuum)

タデ科の多年草。水辺に生える。茎は高さ 1m近くなり,長さ 10cmほどの細長い葉を互生する。雌雄異株。秋,枝先に長い穂状花序を出し,美しい淡紅色の小花を開く。タデ (蓼) の類のうちでは,ハナタデに次いで花の大きいものの一つである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone