コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サケ・マス母船 さけますぼせん

世界大百科事典 第2版の解説

さけますぼせん【サケ・マス母船】

北洋の公海上で多くの流し網漁船(独航船とよぶ)を用いてサケ,マスをとり,その漁獲物を積み取り,処理・加工する大型漁船。船内に缶詰製造の設備をもち,缶詰を製造していたので,サケ・マス工船とよばれたこともあった。現在では漁獲物のほとんどを冷凍製品に加工し,冷凍運搬船により日本の基地に運んでいる。 母船は8000~9000トンの大きさで,124トン型の独航船43隻とともに船団を組み出漁する。漁場においては,操業する独航船の中心に位置し,その朝漁獲したサケ,マスを魚種別に仕分けたもっこで独航船より受け取る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サケ・マス母船の関連キーワード北洋漁業

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android