コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サケ・マス母船 さけますぼせん

1件 の用語解説(サケ・マス母船の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さけますぼせん【サケ・マス母船】

北洋の公海上で多くの流し網漁船(独航船とよぶ)を用いてサケ,マスをとり,その漁獲物を積み取り,処理・加工する大型漁船。船内に缶詰製造の設備をもち,缶詰を製造していたので,サケ・マス工船とよばれたこともあった。現在では漁獲物のほとんどを冷凍製品に加工し,冷凍運搬船により日本の基地に運んでいる。 母船は8000~9000トンの大きさで,124トン型の独航船43隻とともに船団を組み出漁する。漁場においては,操業する独航船の中心に位置し,その朝漁獲したサケ,マスを魚種別に仕分けたもっこで独航船より受け取る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サケ・マス母船の関連キーワード流し網北転船独航独航船母船浮刺し網州流し網延縄漁船北洋転換底引網漁船刺し網漁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone