ササクサ(笹草)(読み)ササクサ(英語表記)Lophatherum gracile Brongn.

世界大百科事典 第2版の解説

ササクサ【ササクサ(笹草) Lophatherum gracile Brongn.】

笹の葉に似た葉をもつイネ科多年草で,まばらな山林の中に時々見られる(イラスト)。短い根があって,まばらな株を作る。根は何本かが先のほうが肥厚し,黄色を帯びた紡錘形塊根となっている。茎は高さ60cm内外で,直立して分れせず,中央以下に5~6枚の葉を2列につける。葉は長楕円状の披針形,扁平で,長さ10~20cm,幅は3cmくらいで先はとがり,基部は円く,短い柄を経て葉鞘(ようしよう)がある。8~10月ころ茎の先に長さ30cmくらいのまばらで大型の円錐花序を出し,まっすぐで細い枝を交互に出して,枝の片側に小穂をまばらにつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android