コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササクサ(笹草) ササクサLophatherum gracile Brongn.

世界大百科事典 第2版の解説

ササクサ【ササクサ(笹草) Lophatherum gracile Brongn.】

笹の葉に似た葉をもつイネ科多年草で,まばらな山林の中に時々見られる(イラスト)。短い根茎があって,まばらな株を作る。根は何本かが先のほうが肥厚し,黄色を帯びた紡錘形塊根となっている。茎は高さ60cm内外で,直立して枝分れせず,中央以下に5~6枚の葉を2列につける。葉は長楕円状の披針形,扁平で,長さ10~20cm,幅は3cmくらいで先はとがり,基部は円く,短い柄を経て葉鞘(ようしよう)がある。8~10月ころ茎の先に長さ30cmくらいのまばらで大型の円錐花序を出し,まっすぐで細い枝を交互に出して,枝の片側小穂をまばらにつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android