コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササゲ(豇豆) ササゲ Vigna unguiculata (L.) Walp.(=V.sinensis Endl.)

1件 の用語解説(ササゲ(豇豆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ササゲ【ササゲ(豇豆) Vigna unguiculata (L.) Walp.(=V.sinensis Endl.)】

若い莢(さや)や熟した豆を食用とし,茎葉を飼料や緑肥とするために栽培するマメ科の一年草(イラスト)。カウピーcowpeaともいう。原産地アフリカで,古代にインド東南アジアに伝わった。日本には中国から9世紀までには渡来していたらしい。また,ヨーロッパには紀元前3世紀に伝わった。ササゲには多くの品種がある。またヤッコササゲV.u.ssp.cylindrica (L.) Van Eseltine(=V.catjang (Burm.f.) Walp)やジュウロクササゲV.u.var.sesquipedalis (L.) Verde(=V.sesquipedalis (L.) Fruw.)などの品種群も分化しているが,それらもまとめてササゲとして扱われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のササゲ(豇豆)の言及

【豆】より

…また種子だけでなく,若い未熟な豆のさやを野菜として利用したり,成熟したさやに含有される糖や有機酸を食用にするような利用法も発達した。エンドウやササゲ類のように栽培豆類として発達したものには,種子利用の品種と野菜的利用の品種との分化が著しい。このように多面的に利用されているのも,豆類の特徴とされよう。…

※「ササゲ(豇豆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ササゲ(豇豆)の関連キーワード菰角莢隠元莢豌豆食用菊泥鰌隠元煮豆八升豆桜ん坊藤豆エンドウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone