サザエ(栄螺)(読み)サザエ(英語表記)horned turban

世界大百科事典 第2版の解説

サザエ【サザエ(栄螺) horned turban】

リュウテンサザエ科の巻貝(イラスト)。サザエのササは小さいこと,エは家のことで,サザエとは〈小さい家〉のといわれる。こぶし形で堅固。の高さ10cm,太さは角を除いて8cmに達する。巻きは6階,各巻きには5本の太い肋とその間に細い肋がある。下方の巻きの肩と殻底の太い肋の上には太い管状の角状突起(とげ)ができる。角の数は通常10本内外であるが,瀬戸内海など内湾にすむ個体には角を欠くことが多く,外海ではよく発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサザエ(栄螺)の言及

【貝】より

…また味のよい種が選ばれたようで,今日食用にしている種と違いはない。東京湾でも湾口のほうでは岩磯があるのでアワビ,サザエ,クボガイなどの巻貝も多く利用されている。 また,湾奥のほうでは同じ貝塚でも下のほうはアサリ,オオノガイ,ハイガイなど海産の貝であるが,上のほうではヤマトシジミなど汽水性の種になって,ある期間にその場所の環境が変わったことを示している。…

※「サザエ(栄螺)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android