サシオコウモリ(挿尾蝙蝠)(読み)サシオコウモリ(英語表記)sheath‐tailed bat

世界大百科事典 第2版の解説

サシオコウモリ【サシオコウモリ(挿尾蝙蝠) sheath‐tailed bat】

翼手目サシオコウモリ科Emballonuridaeの哺乳類の総称。尾端が腿間膜の上面に突出しているのでこの名がある。虫食性コウモリで,メキシコから南アメリカまでの新世界およびアジア南部,アフリカ,マダガスカル,オーストラリアおよびパラオ諸島の熱帯と亜熱帯に分布し,分布域が広い。その種数は約50種に達するが,日本には見られない。前腕長3~8cm,頭胴長3.5~10cm,尾は0.6~3cm。体色は単色のものと斑点または縞模様のあるものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android