サシバエ(刺蠅)(読み)サシバエ

世界大百科事典 第2版の解説

サシバエ【サシバエ(刺蠅)】

双翅目イエバエ科サシバエ亜科Stomoxyinaeに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。和名サシバエStomoxys calcitransは,牛馬など温血動物を刺して吸血することから,英名stable flyは,家畜小屋のまわりに多いことに由来する。イエバエ科のハエのうち,口器が硬化して,吸血するのに適応したグループで,世界に10属48種,日本からは3属5種が知られている。とくにアンテロープ(レイヨウ)などの多いアフリカ大陸に種数が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android