コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サダム・フセイン元イラク大統領

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サダム・フセイン元イラク大統領

1937年4月28日、バグダッドの北約150キロのティクリートに生まれた。20歳でアラブ民族主義を掲げるバース党に入党。59年、当時の首相暗殺計画に加わったとして死刑判決を受け亡命。63年に帰国。68年のクーデターで指導的役割を演じ、79年に大統領に就任。80年から88年までイラン・イラク戦争。末期に国内のクルド人化学兵器で攻撃した。90年、クウェートに侵攻し併合を宣言するが、翌91年の湾岸戦争で米国を主力とする多国籍軍に敗れた。イラクの大量破壊兵器廃棄のための国連査察を拒否し98年に米英軍の空爆を受ける。03年には米国から亡命を求められるが拒否し、イラク戦争に。政権は崩壊、逃亡中の同年12月に米軍に拘束された。

(2006-12-31 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

サダム・フセイン元イラク大統領の関連キーワードサダム/野望の帝国ヤジディ教

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android