コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッイダ・アルワー al-Sayyida Arwā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッイダ・アルワー
al-Sayyida Arwā

[生]?
[没]1138
南アラビアのスライフ朝女王 (在位 1099~1138) 。同朝第2代の君主アフマド (在位 1067~84) の妻であったが,アフマドの治世の後半から事実上の統治者となり,92歳で死ぬまで約 70年間にわたって権勢をふるった。ただ,晩年の政治の実権はアデンのカラム家の手にあり,女王の死とともに同朝は滅びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サッイダ・アルワーの関連キーワードスライフ朝アレッポ地震リテールパートナーズ胡安国サラディン平重盛中右記藤原成親北条時政シュタウフェン朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android