コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッカーW杯南アフリカ大会

1件 の用語解説(サッカーW杯南アフリカ大会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サッカーW杯南アフリカ大会

アフリカで初めて開かれたW杯。日本代表は大会前の親善試合で4連敗し、岡田武史監督(当時)の更迭論も持ち上がったが、強豪カメルーンデンマークを破って海外開催で初めて1次リーグを突破した。決勝トーナメント初戦でパラグアイにPK戦で敗れたが、この試合の平均世帯視聴率は53.5%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)を記録した。優勝はスペイン。本田選手の無回転シュートは、ボールを回転させないように一点に強烈な衝撃を与える蹴り方で、空気抵抗が大きくなって弾道がぶれるとされる。世界のメディアが取り上げた。

(2010-12-24 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サッカーW杯南アフリカ大会の関連キーワードアジアアフリカ会議アフリカ菫アフリカ舞舞ブラックアフリカホワイトアフリカ南アフリカW杯汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカ開発会議(TICAD)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サッカーW杯南アフリカ大会の関連情報