コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッパ(拶双魚) サッパ Japanese shad

1件 の用語解説(サッパ(拶双魚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サッパ【サッパ(拶双魚) Japanese shad】

ニシン目ニシン科の海産魚(イラスト)。関西,高知でハラカタ,熊本でハダラ呼ばれる北海道以南の各地に分布し,内湾性で河口近くに群れをなしている。堤防などで擬餌針を用いて盛んに釣られる。小型定置網などにも大量にかかるが市場価値は低く雑魚として扱われる。体は著しく側扁し,背部が青黒色,腹部は銀白色である。側線がなく他のニシン科の魚に比べてうろこがはがれにくい。腹部の端は稜鱗でぎざぎざしている。卵,稚仔(ちし),幼魚期を通じて,形態,生態ともにコノシロに類似してまちがわれやすいが,成魚では体色,背びれの形態が明らかに異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サッパ(拶双魚)の関連キーワードニギスマイワシキチジ真鰯オオニベカラスガレイキグチメンヘーデン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone