コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サツマイナモリ(薩摩稲森) サツマイナモリOphiorrhiza japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サツマイナモリ(薩摩稲森)
サツマイナモリ
Ophiorrhiza japonica

アカネ科の多年草。房総半島以西の暖地に分布し,常緑樹林下などに群生することが多い。茎の下部は地をはって根を出し,汚褐色の細毛がある。葉は長い柄で対生し,長卵形で先端がとがり全縁である。 11月~3月,枝先に集散花序をつくって花を開く。萼筒は短く5深裂し,花冠は白色の漏斗状で先が5裂し,内面に白毛が生える。花は乾燥すると赤色を帯びる。おしべは5本,花柱は1本で,柱頭は2裂する。包葉は線形で細毛がある。和名は薩摩のイナモリソウの意。茎が木質化するためキダチイナモリの別名がある。別属のイナモリソウ Pseudopyxis depressaはやはり日本の暖地に生じる多年草であるが,本種に比して葉が広く,全体に草質で花は淡青色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android