コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトウ ハチロー

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

サトウ ハチロー

1903-1973 大正-昭和時代の詩人。
明治36年5月23日生まれ。佐藤紅緑(こうろく)の長男。西条八十(やそ)らにまなぶ。大正15年第1詩集「爪色の雨」を刊行。戦後は木曜会で童謡を指導。「小さい秋みつけた」「リンゴの唄」の作詞で知られる。日本童謡協会初代会長,日本音楽著作権協会会長。昭和48年11月13日死去。70歳。東京出身。立教中学中退。本名は佐藤八郎。筆名は陸奥速男など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

サトウ ハチロー

大正・昭和期の詩人,作詞家,児童文学作家



生年
明治36(1903)年5月23日

没年
昭和48(1973)年11月13日

出生地
東京市牛込区(現・東京都新宿区)

本名
佐藤 八郎

別名
別名=陸奥 速男,清水 七郎,山野 三郎

学歴〔年〕
立教中中退

主な受賞名〔年〕
芸術選奨文部大臣賞〔昭和29年〕「叱られ坊主」,日本レコード大賞(童謡賞 第4回)〔昭和37年〕,NHK放送文化賞(第14回)〔昭和38年〕,紫綬褒章〔昭和41年〕,勲三等瑞宝章〔昭和48年〕

経歴
小説家・佐藤紅緑の長男。早稲田をはじめ8つの中学を転々、自由奔放な生活を送りながら詩を作り、大正8年西條八十に師事。15年処女詩集「爪色の雨」で詩人としての地位を確立。同時にユーモア作家、軽演劇作者、童謡・歌謡曲の作詩家としても活躍。昭和32年野上彰らと「木曜会」を主宰して童謡復興運動に尽くし、日本童謡協会会長、日本作詞家協会会長、日本音楽著作権協会会長を務めた。また、NHKラジオ番組「話の泉」のレギュラーとしても知られた。主な作品に詩集「僕等の詩集」「おかあさん」、ユーモア小説「ジロリンタン物語」、童謡集「叱られ坊主」「木のぼり小僧」、歌謡曲「麗人の唄」「二人は若い」「リンゴの唄」「長崎の鐘」など。没後の52年より東京・文京区弥生2丁目にある自宅が記念館として開放されていたが、平成7年11月閉館、岩手県北上市に移転。8年5月同市にサトウハチロー記念館・叱られ坊主が開館。9年、昭和32年創刊の童謡同人誌「木曜手帖」が500号を迎える。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

サトウ ハチローの関連キーワードあんまりみどりがあかるいからいつでもどきどきしてるんだわらいかわせみに話すなよるんるんるん こな雪がさわると秋がさびしがる若者と小犬とクロアサンうそなんかいうもんかかわいいかくれんぼラ・ゴロンドリーナうれしいひなまつりちいさい秋みつけた岩手県北上市立花サトウ・ハチローこの日をめざして佐藤愛子(1)そんな思い出がプンプンポルカ勝利の日まで吉田 テフ子国木田 虎雄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サトウ ハチローの関連情報