サナダグサ

海藻海草標本図鑑の解説

サナダグサ

からだはやや硬い平らな紐状で,叉状に数回分岐し,扇形に広がる。先端は丸く,わずかに凹む。その部分を顕微鏡で観察すると,大きい一つの生長点細胞が見 える。色素体を持つ皮層は2層,透明で大型の髄層は1層である。近縁のアミジグサ属に比べると藻体の厚さはやや厚く,手触りはやや硬いので,少ししっかり した感じがする。生体は濃い茶褐色をしているが,押し葉標本にすると黒っぽくなる。押し葉標本は台紙にはつきにくい。真田紐に似ていることに由来して,こ の和名が付けられた。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる