コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サナ岩 サナがんsannaite

岩石学辞典の解説

サナ岩

明るいダムクィエルン岩(damkjernite)に類似する噴出角礫岩である.角閃岩や交代作用を受けた花崗片麻岩などの捕獲岩を含んでいる.石基はアルカリ長石,エジリン,ネフェリン,方解石などからなる[Brögger : 1921].ブレガーはヴィベト岩質マグマとアルカリに富む花崗片麻岩の混成作用によると考えた[Brögger : 1921, Tomkeieff : 1983].ノルウェー,フェン(Fen)地方のサナヴァンド(Sannavand)の地名による.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

サナ岩の関連キーワードダムクィエルン岩

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android