コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハリンの朝鮮人

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サハリンの朝鮮人

戦前戦時中、日本政府の政策で大量の朝鮮人が当時の樺太に炭鉱員や土木作業員として移住した。戦後は旧ソ連が占領。多くの朝鮮人は朝鮮半島の混乱や韓ソに国交がなかったことなどから、残留を余儀なくされた。現在、サハリンの朝鮮系人口は3万人以上とされ、多くがロシア籍だ。

(2008-01-10 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サハリンの朝鮮人の関連情報