コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハリン残留日本人

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サハリン残留日本人

終戦間際の1945年8月8日、ソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄し、日本領だった樺太(サハリン)南部を占領した。当時、そこには日本の民間人約38万人と、植民地だった朝鮮半島出身者が数万人いたとされる。戦後、日本人の大半は引き揚げた。だが、朝鮮半島出身者は日本への渡航が認められなかったため、朝鮮人と結婚したり、養子になったりするなどした数百人の日本人は残らざるを得なかった。

(2012-10-22 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

サハリン残留日本人の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン石川第2次世界大戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サハリン残留日本人の関連情報