サハリン1とサハリン2

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サハリン1とサハリン2

日本企業が参画するサハリン北部沖の石油・天然ガス開発事業の呼称。1は米エクソンモービルが、2は欧州のロイヤル・ダッチ・シェルが、それぞれ運営を主導する。1は今月中に日本への原油輸出を始める予定で、エクソンが天然ガスの販売先を探している。2の天然ガス販売先は日本の電力・ガス会社などに決まり、08年に輸出開始予定だが、ロシア政府が環境破壊を理由に事業の一部認可を取り消し、日本への影響が懸念されている。

(2006-10-22 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android