コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハリン2プロジェクト

1件 の用語解説(サハリン2プロジェクトの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サハリン2プロジェクト

サハリン沿岸で進む石油・天然ガス開発プロジェクトの一つ。ルニとピルトン・アストフの二つの鉱区があり、埋蔵量は天然ガス5千億立方メートル、石油11億バレルと推定。総開発費は当初予定の100億ドルから200億ドルに膨らむ見込み。事業主体のサハリンエナジー社への出資比率はシェル55%、三井25%、三菱20%。00年から夏季限定の原油生産が始まった。本格的な生産、輸出のために鉱区からサハリン島南端までのパイプライン建設を進めており、07年末からの原油通年生産、08年夏からの天然ガス生産を目指す。

(2006-09-08 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サハリン2プロジェクトの関連情報