コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハーウィー al‐Sakhāwī

世界大百科事典 第2版の解説

サハーウィー【al‐Sakhāwī】

1427‐97
マムルーク朝時代のアラブの歴史家。カイロに生まれ,当代の文人アスカラーニー‘Asqalānī(1372‐1449)について伝承学や歴史学を修めた後,メッカメディナからシリアに遊学,帰国後はマムルーク(奴隷軍人)の高官ヤシュバクの庇護を得て膨大な著作を残した。主著マクリージー年代記を補塡した《鋳造された黄金》,浩瀚(こうかん)な同時代の人名辞典《輝く光》,ほかに宗教諸学を厳しく批判した《歴史家批難弾劾の書》がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サハーウィーの関連キーワードカタール赤松義則英宗瞿佑桂庵玄樹沈周剪灯新話赤松持貞赤松義則朝山梵灯庵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android