コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバ[セルビアの] Sava

1件 の用語解説(サバ[セルビアの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サバ[セルビアの]【Sava】

1176ころ‐1235
セルビア教会の独立を実現させた教会指導者,聖人。セルビアステファン・ネマーニャの三男,俗名ラストコRastko。アトス山で修道士となり,1208年に帰国。当時のセルビアはローマ教会東方正教会の両勢力のはざまに置かれていたが,サバは,国教として東方正教の採用を考え,ニカエア王国に働きかけ,1219年に初代セルビア大主教に任命された。かくしてセルビアの教会は独立を獲得し,カトリック教会の勢力は減退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサバ[セルビアの]の言及

【セルビア】より

… ミレシェボ,ソポチャニなどの修道院に残るフレスコ画の数々は,セルビア中世美術の傑作として名高い。近代以降では,大作《ドゥシャン法典の発布》《セルビア民族の移動》を描いたヨバノビッチPaja Jovanović(1859‐1957),パリに学んだシュマノビッチSava Šumanović(1896‐1942)らが注目に値する。 音楽の分野では,民謡や教会音楽をモティーフに多くの合唱曲を残したモクラニャツStevan Mokranjac(1856‐1914)が傑出している。…

【セルビア】より

…最高峰はコソボ西部のプロクレティイェProkletije山塊にあるモンテネグロ,アルバニアとの3国国境のジェラビツァDjravica山(標高2656m)。平地は,北方のハンガリー平原の一部をなすボイボディナ一帯や,サバ川流域のマチュバMačva地方(中心地はシャバツŠabac),モラバ川流域のポモラブリェPomoravlje地方(パラチンParaćin,チュプリヤĆuprija,スベトザレボSvetozarevo)などに見られる。河川は,北のハンガリーから流入するドナウ川がボイボディナ地方でティサ川と合し,ベオグラードに至り西方からのサバ川を加え,スメデレボSmederevoで南方から北流するモラバ川を得て,ルーマニアとの国境を南東流する。…

※「サバ[セルビアの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サバ[セルビアの]の関連キーワードセルビアビアナドカステロモンテネグロセルビアモンテネグロオプレナツ聖サワ教会セルビア正教大聖堂ヒランダル修道院セルビアン・トリコロール・ハウンドコソボ独立宣言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone