コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバルタン・スタディーズ subaltern studies

1件 の用語解説(サバルタン・スタディーズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サバルタン・スタディーズ【subaltern studies】

1980年代初めにインドにおける国民史の書換えの運動として始まり,それまで国民史の本流から排除されていた従属諸集団を,自主的な政治領域として国民史にいかに取り込むのかを課題とした研究の試み。従属的諸集団は,グラムシの用語を借りてサバルタンと呼ばれた。マルクス主義歴史家たちの始めたサバルタン研究が,プロレタリアートではなく,サバルタンという範疇を用いたのは,インド国民史の本流から黙殺されてきた集団が多様なあり方をしており,プロレタリアートといった範疇では包摂しきれなかったためだと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サバルタン・スタディーズの関連キーワード旗国法クライブ国民道徳前衛映画ムスリム連盟母材第一列島線バングラビートヘルムズリー城BCWS

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone