コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サビキ さびき

知恵蔵の解説

サビキ

動物や魚のなめし皮、蛍光プラスチックなどを三角形方形に切り、釣り針に結んだもので、疑餌(ぎじ)針の1つ。これに短い枝ハリス(針につなぐ糸)を付け、幹糸(枝ハリスを結ぶ糸)に1〜10本前後結び、錘(おもり)とコマセカゴをセットしたものがコマセ釣り仕掛け。この仕掛けそのものをサビキということもある。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

サビキの関連キーワードアカボシビョウキン(赤星病菌)アカサビビョウキン(赤銹病菌)マツコブビョウキン(松瘤病菌)キサビビョウキン(黄銹病菌)サビキン(銹菌)類ヘテロタリズムコメツキムシ絶対寄生菌サビキコリカガミダイサバ(鯖)サビキン真正寄生白さび病さび胞子性の分化同種寄生異種寄生担子菌類赤星病

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サビキの関連情報