コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サファーニーヤ油田 サファーニーヤゆでんSafaniya oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サファーニーヤ油田
サファーニーヤゆでん
Safaniya oil field

エクソン,モービル,スタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア(のちのシェブロン),テキサコの 4社で構成されるアラムコが 1951年サウジアラビア北方の沖合いに発見した巨大油田。アラムコがペルシア湾最初の海底油田として開発した。クウェートとの分割地帯に位置するカフジ油田と同一構造。原油はアラビアンヘビーの名称で輸出されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android