コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマルカンド紙

1件 の用語解説(サマルカンド紙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サマルカンド紙

751年の唐軍とイスラム軍タラス河畔の戦いで捕虜になった唐軍兵士の中の紙すき職人から製紙技術が伝わり、757年にイスラム世界初の製紙工場がサマルカンドにできた。そこでつくられた紙は聖典コーランや本の書写用としてイスラム世界に広まった。欧州にも伝わり、洋紙のもととなった。

(2008-10-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

サマルカンド紙の関連キーワード覇流村水沼村ピピンフランス史有期労働者県立相可高校門と直筆原稿阪急阪神ホールディングス(HD)欧州議会選愛知県の人口

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone