コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマルカンド紙

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サマルカンド紙

751年の唐軍とイスラム軍のタラス河畔の戦いで捕虜になった唐軍兵士の中の紙すき職人から製紙技術が伝わり、757年にイスラム世界初の製紙工場がサマルカンドにできた。そこでつくられた紙は聖典コーランや本の書写用としてイスラム世界に広まった。欧州にも伝わり、洋紙のもととなった。

(2008-10-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

サマルカンド紙の関連キーワード覇流村水沼村ピピンメロビング朝ヒルデリヒ[3世]メロビング朝ピピン(小)ピピン(小)フランス史有期労働者

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サマルカンド紙の関連情報