コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマルカンド紙

1件 の用語解説(サマルカンド紙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サマルカンド紙

751年の唐軍とイスラム軍タラス河畔の戦いで捕虜になった唐軍兵士の中の紙すき職人から製紙技術が伝わり、757年にイスラム世界初の製紙工場がサマルカンドにできた。そこでつくられた紙は聖典コーランや本の書写用としてイスラム世界に広まった。欧州にも伝わり、洋紙のもととなった。

(2008-10-27 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サマルカンド紙の関連キーワード高仙芝レコンキスタイスラム帝国すらすら汎イスラム主義イスライスラム共同体イスラム債券イスラム聖戦機構ジハード団とイスラム集団

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone