コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムライアリ(侍蟻) サムライアリ Polyergus samurai

1件 の用語解説(サムライアリ(侍蟻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サムライアリ【サムライアリ(侍蟻) Polyergus samurai】

膜翅目アリ科の昆虫(イラスト)。ヤマアリ亜科に属し,働きアリの体長は5~6mm,全体に黒色で腹部のみやや灰褐色,大あごは細く鎌状。初夏の日中に行われる婚姻飛行の後,雌アリはクロヤマアリの巣をさがして侵入し,鋭い大あごでクロヤマアリの女王アリをかみ殺す。数日後にはクロヤマアリの働きアリは侵入したサムライアリの女王(雌)アリに仕えるようになり,以後,巣ではサムライアリのみが産みおとされるようになる。サムライアリの働きアリは食物を集めたり幼虫を育てるといった労働能力を欠いているので,奴隷狩りを行っては労働力を補充する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サムライアリ(侍蟻)の関連キーワード膜翅類蟻塚虫黒大蟻侍蟻鼈甲蜂山蟻闇夜に目あり黒山蟻蜜蟻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone