サラサヒトリ(更紗灯)(読み)サラサヒトリ(英語表記)Camptoloma interiorata

世界大百科事典 第2版の解説

サラサヒトリ【サラサヒトリ(更紗灯) Camptoloma interiorata】

ヒトリガ科の昆虫。翅の開張3~3.5cm。中型のガで,雄は前翅がより細長い。和名は更紗模様をしたヒトリガの意。翅は橙黄色で前翅には黒線が4本あり,外縁から翅底部にかけて鮮やかな赤色。雄の腹部基部には大きな発音器があるが,その働きについてはまだ研究されていない。雌は腹部が太く,末端に紅色毛の束があり,産卵のときこの毛で卵塊を覆う。本州,四国,九州,対馬,朝鮮半島,中国に分布する。幼虫クヌギナラカシなどに寄生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android