コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラプル Sarapul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラプル
Sarapul

ロシア西部,ウドムルト共和国の都市。共和国首都イジェフスクの南東約 50km,カマ川にのぞむ河港都市。 16世紀にシベリアへの通商路上の要塞として建設され,1780年市となった。現在,機械 (ラジオ,洗濯機,石油工業用設備) ,木材加工,皮革・製靴,食品 (食肉,油脂,製粉) などの工業の発達する工業都市で,モスクワとエカテリンブルグを結ぶ幹線鉄道が通る。人口 11万 600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android