コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリナス Salinas, Pedro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリナス
Salinas, Pedro

[生]1891.11.27. マドリード
[没]1951.12.4. ボストン
スペインの詩人。詩人グループ「1927年の世代」の一人。『予兆』 Presagios (1923) から『寓話と記号』 Fabula y signo (31) にいたる初期の詩集は,現代生活の諸器具,たとえば時計,自動車,電話などを媒介にして「純粋時間」や「永遠」への憧れを歌っているが,『君ゆえの声』 La voz a ti debida (34) 以後,特に内乱とアメリカへの亡命を契機にして,政治的社会的関心が強くなった。詩以外にも小説や劇作があり,評論にも『スペイン詩における現実と詩人』 Reality and the Poet in the Spanish Poetry (40) などすぐれた著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サリナス
さりなす
Pedro Salinas
(1892―1951)

スペインの詩人、文学者。マドリード生まれ。国内および英仏の大学で文学を講じる。内戦を契機にアメリカに渡り、ボストンで没した。『前兆』(1923)など純粋詩の時代から代表作『君に負いし歌』(1933)、『愛の条理』(1936)に至る一貫した愛のテーマ、繊細な感覚によって愛の詩人とうたわれる。サリナスは詩に真実と美、さらに知性を求めた。彼の詩が一見平易のようで、ときに「内的奇知主義」とよばれる理由がここにある。そのほか『すべてはより明らかに』(1949)、『信頼』(1955。没後刊)などの晩年の作品は、現代の不安感を反映している。学者としても卓越し、おもに詩人に関する優れた研究を残している。[有本紀明]
『『世界名詩集大成14 南欧・南米篇』(1960・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サリナスの関連キーワードサンディー(Jr.) アロマーエルネスト セディジョバネッサ ハジェンズヘラルド ディエゴサリナストロイカ北米自由貿易協定サンタエレナ半島11月27日スペイン文学制度的革命党サリナス政権ウユニ塩沢地国民行動党メキシコ史カブレラ島デラマドリアルマグログアヤス州NAFTA文飾主義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サリナスの関連情報