サリナス(英語表記)Salinas, Pedro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリナス
Salinas, Pedro

[生]1891.11.27. マドリード
[没]1951.12.4. ボストン
スペインの詩人。詩人グループ「1927年の世代」の一人。『予兆』 Presagios (1923) から『寓話と記号』 Fabula y signo (31) にいたる初期の詩集は,現代生活の諸器具,たとえば時計,自動車,電話などを媒介にして「純粋時間」や「永遠」への憧れを歌っているが,『君ゆえの声』 La voz a ti debida (34) 以後,特に内乱とアメリカへの亡命を契機にして,政治的社会的関心が強くなった。詩以外にも小説や劇作があり,評論にも『スペイン詩における現実と詩人』 Reality and the Poet in the Spanish Poetry (40) などすぐれた著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サリナス
さりなす
Pedro Salinas
(1892―1951)

スペインの詩人、文学者。マドリード生まれ。国内および英仏の大学で文学を講じる。内戦を契機にアメリカに渡り、ボストンで没した。『前兆』(1923)など純粋詩の時代から代表作『君に負いし歌』(1933)、『愛の条理』(1936)に至る一貫した愛のテーマ、繊細な感覚によって愛の詩人とうたわれる。サリナスは詩に真実と美、さらに知性を求めた。彼の詩が一見平易のようで、ときに「内的奇知主義」とよばれる理由がここにある。そのほか『すべてはより明らかに』(1949)、『信頼』(1955。没後刊)などの晩年の作品は、現代の不安感を反映している。学者としても卓越し、おもに詩人に関する優れた研究を残している。[有本紀明]
『『世界名詩集大成14 南欧・南米篇』(1960・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サリナスの関連情報