サリバロール(英語表記)Sahr-i-Bahlol

デジタル大辞泉の解説

サリ‐バロール(Sahr-i-Bahlol)

パキスタン北西部、カイバルパクトゥンクワ州にある遺跡。ペシャワールの北西約70キロメートル、仏教遺跡タフティバヒーの近隣に位置する。古代ガンダーラ王国の要塞都市や山岳寺院の遺構がある。1980年に「タフティバヒーの仏教遺跡群とサリ‐バロールの近隣都市遺跡群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。サハリ‐バハロール。サライ‐バロール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android