サリバロール(英語表記)Sahr-i-Bahlol

デジタル大辞泉の解説

サリ‐バロール(Sahr-i-Bahlol)

パキスタン北西部、カイバルパクトゥンクワ州にある遺跡。ペシャワールの北西約70キロメートル、仏教遺跡タフティバヒーの近隣に位置する。古代ガンダーラ王国の要塞都市や山岳寺院の遺構がある。1980年に「タフティバヒーの仏教遺跡群とサリ‐バロールの近隣都市遺跡群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。サハリ‐バハロール。サライ‐バロール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android