コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルウィディエヌス・ルフス サルウィディエヌス・ルフスSalvidienus Rufus, Quintus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルウィディエヌス・ルフス
Salvidienus Rufus, Quintus

前1世紀頃のローマの軍人。オクタウィアヌス (アウグスツス ) 下の有力な将軍。前 42年レギウムの戦いでセクスツス・ポンペイウスに敗れたが,前 41年ペルシアの戦いに活躍。前 40年には騎士身分 (エクイテス ) ながら執政官 (コンスル ) となり,ガリア総督。のち M.アントニウスに通謀したかどでオクタウィアヌスに召喚され元老院から公敵と宣せられ,自殺したか,もしくは処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone