サルウィディエヌス・ルフス(英語表記)Salvidienus Rufus, Quintus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルウィディエヌス・ルフス
Salvidienus Rufus, Quintus

前1世紀頃のローマの軍人。オクタウィアヌス (アウグスツス ) 下の有力な将軍。前 42年レギウムの戦いでセクスツス・ポンペイウスに敗れたが,前 41年ペルシアの戦いに活躍。前 40年には騎士身分 (エクイテス ) ながら執政官 (コンスル ) となり,ガリア総督。のち M.アントニウスに通謀したかどでオクタウィアヌスに召喚され元老院から公敵と宣せられ,自殺したか,もしくは処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android