コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルスチウス Sallustius Crispus, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルスチウス
Sallustius Crispus, Gaius

[生]前86. サビナ,アミテルヌム
[没]前34頃
ローマの歴史家。平民の家に生まれ,出世して元老院に入り,前 54年財務官,前 52年護民官に選ばれキケロの政敵となる。前 50年不品行のかどで元老院を追われたが,カエサルの支持で翌年再び財務官に任じられた。内乱の際にはカエサルの軍を指揮し,アフリカとヌミディアの総督を務めて財をなしたが,カエサルの暗殺 (前 44) 以後は引退して,豪奢な庭園を築き,余生を著述に捧げた。前 78~67年の歴史を綴った主著『歴史』 Historiae5巻は断片しか伝わっていないが,前 63年の事件を扱った『カチリナの陰謀』 Catilinae Coniuratio,前 111~106年の対ヌミディア戦を扱った『ユグルタ戦役』 Bellum Iugurthinumが現存。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サルスチウスの関連キーワードテレンチアブロス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android