コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルトロ・カンリ[山] Saltoro Kangri

1件 の用語解説(サルトロ・カンリ[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サルトロ・カンリ[山]【Saltoro Kangri】

カラコルム山地の中央やや東寄りを北西から南東に走るサルトロ山脈の主峰。標高7742m。この北西に,II峰(7705m)がある。北東側はシアチェン氷河に注ぐピーク36氷河が,南西側はシェルピガン氷河が流れている。1911年アメリカ人ワークマン夫妻が接近,35年イギリス登山隊が登攀を試みた。62年7月24日京都大学学士山岳会遠征隊(隊長四手井綱彦)とパキスタン隊との合同隊が東面から初登頂した。【酒井 敏明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サルトロ・カンリ[山]の関連キーワードカラコルム山脈K2全羅北道二見浦ラコルニャカラコルム高峰サルトロカンリ戌亥カラコン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone