サルトロ・カンリ[山](英語表記)Saltoro Kangri

世界大百科事典 第2版の解説

サルトロ・カンリ[山]【Saltoro Kangri】

カラコルム山地の中央やや東寄りを北西から南東に走るサルトロ山脈の主峰。標高7742m。この北西に,II峰(7705m)がある。北東側はシアチェン氷河に注ぐピーク36氷河が,南西側はシェルピガン氷河が流れている。1911年アメリカ人ワークマン夫妻が接近,35年イギリス登山隊が登攀を試みた。62年7月24日京都大学学士山岳会遠征隊(隊長四手井綱彦)とパキスタン隊との合同隊が東面から初登頂した。【酒井 敏明

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android