コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルボオガイ(猿頰貝) サルボオガイ Scapharca subcrenata

1件 の用語解説(サルボオガイ(猿頰貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サルボオガイ【サルボオガイ(猿頰貝) Scapharca subcrenata】

フネガイ科の食用二枚貝。殻の長さ7.5cm,高さ5.5cm,膨らみ5cmに達する。長方形状で,厚くて白色であるが,表面には黒褐色ビロード状の皮をかむる。また30~34本の太い放射肋がある。殻頂の間にひし形の平らな靱帯面がある。内面は白色。両殻のかみ合せには小さい歯がたくさん並ぶ。肉はヘモグロビンのために橙色を帯びる。外套(がいとう)膜の後方に水の出入りの穴ができるが,水管にはなっていない。東京湾以南,瀬戸内海有明海などを主産地とし,また朝鮮半島西岸,中国北部にも分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サルボオガイ(猿頰貝)の関連キーワードアカガイイガイミルガイモガイ赤貝黒蝶貝灰貝鴎貝皿貝猿頬貝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone