サルボオガイ(猿頰貝)(読み)サルボオガイ(英語表記)Scapharca subcrenata

世界大百科事典 第2版の解説

サルボオガイ【サルボオガイ(猿頰貝) Scapharca subcrenata】

フネガイ科の食用二枚貝。の長さ7.5cm,高さ5.5cm,膨らみ5cmに達する。長方形状で,厚くて白色であるが,表面には黒褐色のビロード状の皮をかむる。また30~34本の太い放射肋がある。殻頂の間にひし形の平らな靱帯面がある。内面は白色。両殻のかみ合せには小さい歯がたくさん並ぶ。肉はヘモグロビンのために橙色を帯びる。外套(がいとう)後方に水の出入りの穴ができるが,水管にはなっていない。東京湾以南,瀬戸内海有明海などを主産地とし,また朝鮮半島西岸,中国北部にも分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android